有酸素運動だけじゃない!ダイエットの際は筋トレにも目をむけよう

有酸素運動だけじゃない!ダイエットの際は筋トレにも目をむけよう

「ダイエット」と聞くと多くの人は、ランニングやジョギングといった有酸素ばかりに目がいきがちです。確かに有酸素運動は、カラダについた脂肪を燃焼させるためにとても効果的だと言えるでしょう。しかしここで気にしたいのが、ダイエットに効果的な運動は有酸素運動だけではないということ。実は「無酸素運動」とも言われている筋力トレーニングも、ダイエットでキレイなスタイルを作ろうと思うと、取り入れるべき運動なのです。

今回は、そんな無酸素運動(筋力トレーニング)の効果と、方法について紹介していきます。

そもそも筋トレとは?

「筋トレ」とひとくちに言っても、様々な方法があります。たとえば、ダンベルやバーベルを使い、重い負荷をカラダにかけながら行うフリーウエイトと呼ばれるもの。もしくは、トレーニングマシンを使うマシントレと呼ばれるものなど。

このような筋力トレーニングは冒頭でもでてきたように、「無酸素運動」と言われています。これは動作内で最も力を出すときに息を止めるトレーニング種目がほとんどです。

「超回復」を経て、筋肉は成長する

筋力トレーニングでは主に、「速筋」と呼ばれている瞬発力を発揮する筋肉が使われ、エネルギーとして糖質が消費されています。そしてダンベルなど重い負荷で傷ついた筋肉は、「超回復」と呼ばれる修復を経て成長します。超回復は一般的に、トレーニング後48時間~72時間の休息をとることで筋力水準がトレーニング前よりアップし、筋肉も肥大するとされています。

筋トレの効果は嬉しいことが多い

ここまでで、筋トレについてはなんとなくご理解いただけましたか?続いては、筋トレを行うとどのような効果が得られるのかについて見ていきましょう。下記に、一般的に言われている筋トレで得られる効果をまとめました。

・筋力量が増える
・脂肪分解を促すホルモンが分泌される
・基礎代謝が上がり、痩せやすい体質に
・冷え性の改善
・姿勢改善

など、ダイエットで筋力トレーニングを行うと以上のような素敵な効果がたくさん得られます。また、ダンベルなどの重さやトレーニングの回数などをうまくコントロールできれば、メリハリのあるボディラインを作ることができるでしょう。

筋トレを行う際の注意点

ダイエットをするにあたって、筋トレを行うことはとても効果的であるというのがおわかりになったと思います。しかし筋トレをする場合には、注意をしておかなければならないこともあるのです。ここでは、筋トレを行う際の注意点について紹介します。

フォームに注意する

間違ったフォームで筋力トレーニングを行うと、関節へ大きな負担をかけます。とくにスクワットなどのような、膝関節や股関節を曲げるトレーニング内容では、フォームが崩れやすく負担も大きいため、怪我をしやすいもの。

まずはウエイトを使わずにフォームチェックを行う。または、プライベートジムなどで個別に指導をしてもらうなどがオススメです。

トレーニング後は必ず、休息日をつくる

年齢を重ね体型が崩れてきた方、また早く痩せたいと思われている方は「とにかくトレーニングをしなければ」と焦るでしょう。しかし、前述でも紹介したように筋肉を成長させるためには超回復が重要です。

毎日筋トレを行う、筋肉がしっかりと休まっていない状態で次のトレーニングをすることは、オーバーワークとなりかえって逆効果。疲労が溜まり続け、筋繊維が修復されないと筋肉の萎縮にもなりかねません。トレーニング後はしっかりと休息日をもうけ、しっかりと休むよう注意してくださいね。

まとめ

ここまでで、筋力トレーニングに関する内容を紹介してきました。参考となりましたでしょうか?ダイエットをする際は有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングも行うとより効果的だと言えますまた、どうしてもトレーニング内容やフォームがわからないと言った方には、プライベートジムなどで体験レッスンを受けることをおすすめします。注意点を守りながらトレーニングを行い、理想のスタイルを目指しましょう。

Private Gym Magazine事務局
About Private Gym Magazine事務局 10 Articles
プライベートジムに興味があるけど、よくわからない。そんな方にわかりやすく情報をお届け!ダイエットを目指す方を応援します。